予習復習はなぜ大切かというと、予習は授業の効率を良くしますし、復習は記憶の定着にとても役立つからです。 もし、予習をしないで授業を受けたとします。 授業内容が理解できる、理解できないに関わらず、時間は同じように過ぎていくでしょう。 でも、予習をしてから授業を受けていれば、授業内容をしっかり理解する事ができますし、予習の際にわからなかったことは質問することもできます。 授業内容が理解できず、なんとなく時間が過ぎてしまうのと比べると、雲泥の差ですね。 それに、予習をしておけば、授業を受けることが復習にもなります。 時間の経過と共に記憶は薄れていきますが、一度勉強した事を復習する事で、記憶への定着が図れます。 何度も繰り返し復習する事で、どれだけ時間が経過しても忘れないようになるのです。 予習復習は、勉強する上でとても大切な事です。 特に、英語や数学は予習復習を欠かさないようにしましょう。 最初は面倒だと思うかもしれませんが、続けるうちに効率よく学習できることに気がつくはずです。